写真

正しい頭皮ケアで髪を労わる ≫ マッサージで血流を良くする

マッサージで血流を良くする

ここ最近、毛髪に張りがない、スタイリングが思うように行かないと感じている人は、
毛髪もさることながら、頭皮や身体そのものの代謝能力が落ちているのかもしれません。
人の細胞は、ターンオーバーと呼ばれる28日周期のサイクルで生まれ変わっています。

これは、細胞として生まれてから老廃物として剥がれ落ちるまでのサイクルを指すもので、
身体の代謝機能が低下したり血流が滞ったりすると、
このターンオーバーも正常な周期で機能することが出来なくなります。
成長に必要な栄養や酸素が十分に運ばれてこなくなるためです。
新陳代謝の機能もターンオーバーも、生活習慣の乱れや睡眠不足、
ストレスといった要因で、割と簡単に機能が低下してしまいます。

低下するのはあっという間なのですが、正常な状態に戻すには随分と努力が必要になるので、
日頃から生活習慣や食生活に気を配り、ストレスケアを心がけることが大切です。
代謝機能が低下してしまうと、肌トラブルや胃腸障害など、
身体にさまざまな好ましくない症状をもたらします。

その中でも、人目に付きやすく、ストレスをもたらすのが毛髪への影響です。
一度、薄毛や抜け毛の症状が出てしまうと、
代謝機能を正常な状態に戻すよりも遥かに長い時間の努力とヘアケアが必要になります。

ですから、上記のようなストレスケアや生活習慣の見直しといったセルフケアと共に、
日頃から血流を良くするためのマッサージをしてあげることもお勧めです。
毛髪の健康を考えるなら、シャンプーの際もマッサージブラシなどを使って、
汚れを落とすだけでなく、血流を良くしてあげるのも良いかもしれません。

目に見えやすい毛髪の健康状態をチェックすることで、
身体全体の状態を把握することが出来るのです。
毛髪に元気がないと感じたら、それは、身体からのSOSだと考えた方が良いでしょう。